七田式高齢者能力開発 日本の宝物である皆様の笑顔と健康のために

七田式高齢者能力開発がめざすもの

七田式教育では、人への優しい愛情を基盤として、精神性の高い教育を目指しています。脳の働きや発達に基づいて、人間の能力を最大限に伸ばす方法を、日々研究。実践をし続けています。

高齢者になり、頭を使うことが減ってくると、老化が進んでしまいます。加齢にともなって脳の働きが衰え、それが重度になった場合の脳機能の回復はとても難しくなります。

七田式高齢者能力開発で、脳を活性化し、脳の質が変化すると、より一層健康的な生活ができるようになります。

高齢者の方々が精神的・肉体的にさまざまな刺激を受けることで、 加齢とともにできなくなっていたことが、できるようになるだけでなく、喜びや達成感、充実感を得ることができます。

七田式高齢者能力開発に取り組むことで期待される効果

左の表は、七田式高齢者能力開発を導入されている施設でのMMSEの結果を表にしたものです。

七田式高齢者能力開発に取り組んだことで、MMSEの得点が満点に近づいたことがわかります。

※MMSEとは、Mini Mental State Examination(ミニメンタルステート検査)の略で、1975年に、米国のフォルスタイン夫妻が考案した世界で最も有名な知能検査。簡便な検査方法であり、被験者に対して口頭による質問で検査し、30点満点で判定したもの。

左の表は、七田式高齢者能力開発を導入されている施設で、七田独自の「生活改善チェック」を得点化した表です。。

自立した生活態度、コミュニケーション力などが、半年の間に向上し、全体の評価点も上がりました。

※「生活改善チェック」とは、集中力、コミュニケーション力、表情、生活態度など30項目のチェックを行います。1項目を10段階で評価した七田独自のチェック方法。

実際に多くのお声をいただいています。 詳しくはこちらへ。

資料請求はこちらから

七田式高齢者能力開発の取り組み

心を落ち着けて、心身ともにリラックスし、脳に情報が入りやすい状態になります。

右脳の持つイメージ力を活用した記憶の取り組みを行います。
記憶力の維持、向上を目的とした取り組みです。

1枚1秒という速さで、カードを見ていただく取り組みです。
高速で次々と変わるカードを見ていただくことにより、右脳を活性化し、情報処理能力および集中力を高めます。

さまざまな問題に取り組んでいただくことによって、情報処理能力、判断力などを高めます。

導入施設

日本ロングライフ株式会社 大阪本社

〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル25階
TEL:06-6373-9136 FAX:06-6373-9197

日本ロングライフ株式会社 東京本社

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-9-16 九段KAビル6階
TEL:03-3239-1591 FAX:03-3239-1592

http://www.j-longlife.co.jp/company.html

指導担当者さまから

学習会がスタートする以前、お客さまは別々に過ごされていて、ほとんど会話がありませんでした。学習会が始まると、皆様が仲良くなられて、会話も多くなり本当によかったと思いました。
お客さまが生きてこられた人生の一部を話される時間があり、どんなふうに生きてこられたのか、お客さまのお考えも知ることができました。そのため、お客さまに尊敬の念を持ち、ケアをさせていただくことができます。 お客さまが学習会を心から楽しんで参加されていて、私も一緒に楽しむことができています。学習会は、自分の成長にもなっていて感謝しています。

ロングライフうつぼ公園

お客さまの声
  • 学習会で皆様と楽しさを共有することができ、とても嬉しいです。(86歳)
  • 学習会は「句読点」であり、生活の区切りや張りになっています。(80歳)
  • 入院することもありましたが、「早く家(ホーム)に帰りたい」と思いました。退院してからすぐには参加できないと思っていましたが、すぐに参加できて楽しかったです。(85歳)
  • 誰も知り合いのないホームの入居で、寂しい思いをしていましたが、しばらくして学習会がスタートしたので、楽しみができて本当に感謝しています。(82歳)

運営方法

「七田式高齢者能力開発学習プログラム講習会」とは、御社のご担当者様が、「七田式高齢者能力開発」の理論およびノウハウを学んでいただき、その後、御社のお客さまの方々に、学習会を実施していただくためのスタッフを養成することを目的とします。

お問い合わせ・資料請求

資料請求はこちらから
時間外のお問い合せは問い合わせフォームから
page top