カタログから注文
マイページ
ご利用ガイド
お問い合わせ
close
幼児・小中学生教材
食育・健康・くらし
大人の能力開発
POPキッズ

「七田式教育」をこれから始めようと思っているすべての方へ

『POPキッズ』は、こんな方におすすめです。

『POPキッズ』は、これらの願いをすべて叶える教材です!!

幼児教育の重要性

一生忘れない記憶ができる

など、親が子どもにかける期待は大きいものです。
近年では、「幼児教育」「早期教育」の重要性が、盛んにいわれるようになりました。
また一方で、「小さな子どもに勉強や習い事なんかさせるなんて、かわいそう」という意見もあります。

これは、「幼児教育」、「早期教育」のやり方に問題があるからです。
確かに、小さな子どもに知識を一方的に教え込む、知識偏重型の教育は、よくありません。
しかし、幼児期に基本的な人格を育て、そのうえで知識・思考の基礎となるさまざまな刺激を与えることは、非常に重要です。

脳は6歳までに完成する!?

動物には、基本的な知恵を習得するために、脳が働く時期があります。
この時期を「臨界期」と言いますが、人間の脳の場合は、0〜6歳の間です。

もし、臨界期が2度あれば、最初はのんびりして、次に頑張るといったことできますが、残念ながら、臨界期は、一生に1度しかありません。

脳は6歳までに90%が出来上がってしまいます。
この時期を逃すと、生来の素質を失ってしまいます。

新生児の脳の重さは、だいたい300g〜400gくらいです。それが、3歳までに約1,200gになります。
それから大人までには、200gくらいしか増えないのです。

そして、脳は刺激がないと成長しません。逆に、「正しい刺激」を与えると、脳は順調に成長するのです。

繰り返しが成功の母

記憶には2種類あります。一つ目は、「見る記憶」、つまり、目からの記憶です。二つ目は「聞く記憶」、耳からの記憶です。

小さな子どもは、耳からの記憶の方が断然得意です。

『POPキッズ』は、繰り返しBGMのようにかけ流すだけで、無意識のうちに知識として吸収することができます。

「ただ、かけ流すだけ」でよいのです。

「スパイン」を育てる

繰り返しになりますが、『POPキッズ』は、「ただかけ流すだけ」です。繰り返しの「かけ流し」によって、「スパイン」を育てます。では、「スパイン」とは何でしょう?

繰り返すことで、脳の回路が変わる

『POPキッズ』で育つ力

なぜ、『POPキッズ』を聞くだけでそんなに効果があるのか!?

POPキッズの3つの特長

「耳からの記憶」を大いに活かす教材

記憶には、「耳からの記憶」と「目からの記憶」がありますが、小さな子どもが得意とするのは「耳からの記憶」です。POPキッズは、繰り返し、BGMのようにかけ流すだけで、無意識のうちに知識として吸収することができます。

子どもの「興味」を惹きつける

CD1枚約30〜40分の中に、16〜22のコーナーがギュッと凝縮。集中できる時間が短い小さな子どもでも、バラエティ豊かなコーナーが、興味を持続してくれます。

かわいいキャラクターたちと一緒に学ぶ

CDをナビゲートしてくれる各コースのキャラクターと、一緒に学ぶ気持ちで取り組めるので、子どものやる気を高めます。

『POPキッズ』に込めた想いとは...

大事な時期だからこそ、手軽にできるものを!

幼児の時が大事だとわかっていても、なかなか時間がとりにくいものです。私自身もそうでした。

そんなとき、子どもに聞かせるだけで、いろいろと右脳を刺激するような内容が入っているCDを作ろうと思い立ったのです。

「CDをかけるだけでよいので、忙しい親御さんも、手軽に取り組める!」そんなところから、『POPキッズ』は誕生しました。

楽器の音や鳥の鳴き声が聞こえたら聞き分けられる子どもが育つ…などと夢がふくらみ、相当な時間をかけて収録した教材です。

わが家でも、保育園の送迎時や、お出かけの時など、車の中でこのCDをかけると、子どもたちは楽しく聞いていました。

特に、童謡や知識を育てるオリジナルソングは、繰り返し聞きたがり、すぐにそれらを覚えてしまいました。

『POPキッズ』を親子で聞いていただくことで、親子のコミュニケーションの幅も大きく広がります。

また、季節感を大事にし、日本の伝統を伝える内容もあるので、海外に住む日本の方にも重宝されています。

しちだ教育研究所 代表 七田厚

お客さまの体験談

『POPキッズ』に取り組まれた方からは、喜びの声をたくさんいただいています。

  • 記憶の速さにびっくり!

    • 届いて2、 3日後くらいに、英語以外の言葉を話しているようで、お友達のまねかと思ったら、『パイナップルキッズ』にある韓国語をとても上手にまねていました。
      他にも、CD自体を3日程(ドライブ中)聞いていただけで暗記しているようで、早め早めに言っていて、とても驚きます。
      妹も、はっきりとはしゃべりませんが、なんとなく口ずさむので、脳にはインプットされているようでありがたいです。
  • 『POPキッズ』の体験版CDに子どもたちが喜び、毎日のように聞きました。

    • 内容も盛りだくさんでしたので、試しにと下の子の年齢にまずは合わせて、『ポテトキッズ』を購入しました。
      普段の生活では、話題にのぼらないことや、この年齢では教えなかっ
      たであろうことも自然と耳に入ります。気に入ったコーナーは、何度も聞いて口ずさんでいます。
      「大人でもそうなんだ!!」と、感心する内容もあり、一緒に聞いていて苦になりません。
      『ポテトキッズ』が終わったら、『トマトキッズ』を購入する予定です。
  • 親も子も、勉強になります。

    • 4歳と1歳の子どもに、『POPキッズ』を使っています。初めは、オレンジキッズを購入しました。楽しい雰囲気の音楽にのせて、 季節の言葉や数など、たくさんのコーナーを聞き、下の1歳の娘の方がノリノリでした。
      毎日聞いていくことにより、2人とも自然にいろいろな知識を吸収していっているようでした。
      しばらくすると、歌のコーナーは一緒に歌い、数のコーナーなどは一緒に数を言ったりするようになり、毎日楽しんでいます。
      『オレンジキッズ』を1年間楽しんだ後、今度は『ポテトキッズ』を購入し、現在まで2種類のCDを使っています。
      『POPキッズ』の良い点は、CDをかけ流すだけで、たくさんの知識や情報を自然と覚えられることです。すべて覚えなくても、なんとなく知っている、あるいは聞いたことがある、というだけでも、将来役に立つと思います。
      また、子どもが興味を持った事柄に関しては、CDを聞きながら、質問してくるので、親子共々勉強になることも多いです。
      また、月ごとに、その季節に合わせた言葉なども覚えられるので、季節感なども味わえ、母親の私自身もとても気に入っています。
  • 使い方は、とてもシンプルです。朝食の時にかけ流すだけです。

    • 『オレンンジキッズ』と『ポテトキッズ』の2枚を1回ずつかけます。CDにより、朝食の雰囲気も楽しくなります。
      何年も使えると思いますので、これからも継続して使っていきたいです。
  • 『POPキッズ』シリーズが土台になっています。

    • 4月から4年生の娘は、毎月届く『POPキッズ』シリーズを楽しみに、何度も何度も小さいころから聞いていました。
      そのおかげなのか、いろいろなことに興味があり、小学生になってからも、国語に出てくるお話であったり、俳句であったり、理科や社会でも、『POPキッズ』で少しでも聞いたことのあることを習った時は、「私それ知ってる!!」と、うれしくなるようで、授業にもすんなり入っていけるようです。楽しんで勉強できる土台となっているので、『POPキッズ』をずっと聞いてきたことが、良かったんだなあと思うこのごろです。

お客さまの体験談

  • 本当にかけ流すだけでよいのでしょうか?

    • 音を中心とした教材なので、聞かせるだけで、自然にたくさんの情報をインプットすることができます。
      聞いたことに関して、お子さんが興味を持ってくれたら、事典や図鑑などを使って、さらに深く学びましょう。
  • 『POPキッズ』だけ聞かせておけばよいのでしょうか?

    • 『POPキッズ』は、子どもに有益な情報を幅広く入力でき、感性や表現力が豊かになったり、語彙が増えたり、お子さまに興味を持つきっかけを与えてくれます。お子さまが、『POPキッズ』で得た知識や能力を、より伸ばしてあげるためにも、他の教材と組み合わせて、取り組みを行うことをおすすめします。
  • 1日に何回聞かせるとよいですか?

    • 1日1回で十分です。時間がない時は、車での移動中や食事中などに、BGMとしてかけ流してください。ただし、無理強いすると逆効果になるので、お子さまが聞くことを嫌がる場合は、お休み期間を設けて、数日後に再開しましょう。
  • 最初にイメージトレーニングのコーナーがあるのはなぜですか?

    • イメージトレーニングは、リラックスして右脳を働きやすくするための準備運動・スイッチを切り換えるためのものです。ですから、最初に行うと、耳にする情報を楽にスイスイと吸収しやすくなります。無理強いすると逆効果ですが、お子さまと一緒に楽しく取り組みましょう!
  • きょうだいで取り組む場合、2コース聞かせた方がいいですか?

    • 基本的には年齢や発達段階に応じたコースをおすすめしていますが、2コース同時は…という方も多いと思います。1つに絞りたいとお考えの場合は、上のお子さまを基準に選んでいただくとよいです。子どもの吸収力は無限大ですので、 抵抗なくきょうだいで楽しんでいただけると思います。
  • 3歳6か月の子どもですが、どのコースを選んだらよいですか?

    • 『POPキッズ』は、年齢別にコースをご紹介していますが、お子さまの年齢、月齢によって、どのコースにしようか迷うこともあると思います。基本的には、年齢別でコースが分けられているので、お子さまの年齢のコースを選ばれるのがよいですが、お子さまの好みもあるので、サンプルCDで1度お子さまと一緒に内容を確認することをおすすめします。
  • 『POPキッズ』は、いつまで聞かせることができますか?

    • 1番上の年齢枠でご用意している『トマトキッズ』であれば、小学校高学年位までお聞きいただけます。

ラインナップ

『POPキッズ』は年齢別に、お子さまに合っているものを選べます!

ピーチキッズ

親子で楽しく一緒に取り組むコーナーが充実!
何でも吸収しやすいこの時期に、お子さまの「楽しい!」という気持ちを引き出して、無理なく右脳を活性化!

マロンキッズ

言葉や運動能力がぐんぐん発達していく時期。音楽に合わせて手先を使ったり、動物などのまねっこをすることで、体で表現する力を伸ばします。さらに、さまざまなジャンルの知識を得ることで、周りへの関心をさらに高めます。

オレンジキッズ

好奇心旺盛で、聞いた言葉や音が、そのまま口から飛び出てくる、おしゃべりが盛んな時期。リズムに合わせていろいろなことを覚えるコーナーや、身の回りのものに関心を持たせるためのコーナーが充実!

パイナップルキッズ

これまで入力されてきた言葉を使って、自分の思っていることを表現できるようになってくる時期です。スムーズに表現へつなぐための、高速聞き取りなどのコーナーも徐々に増えてきます。

ポテトキッズ

言語で表現するのが得意な左脳が優位になってくる時期。そのため、多言語や高速入力で右脳を刺激するコーナーが盛りだくさんです。
夢を育てる種まきができる、リズム曲コーナーも充実。

ポテトキッズ

理解力がグンと上がる時期です。
“自学自習”を身につけたいこの時期は、テキストを見ながらCDを聞くことで、知識がしっかりと定着!

POPキッズの使用法や、お子さまの家庭学習について、ご不明な点がございましたら、弊社、カスタマーサービスまでお気軽にご相談くださいませ。
お子さまに合わせた学習の進め方や商品の使い方など、お電話でサポートさせていただきます。

TEL.0120-199-415

平日9:00〜18:00
通話料無料・携帯電話からも可能

※ 時間外につきましては、留守番電話にメッセージを残してください。

目的から教材を選ぶ

新教材
キャンペーン
七田式人気の教材
右脳の取り組み
英語・多言語
幼児の基礎概念
小中学生教材
1月のキャンペーン教材

種類から教材を選ぶ

プリント教材
CD/DVD/学習ソフト
知育玩具
えほん
書籍
通信コース
お問い合わせ
幼児・小中学生教材
食育・健康・くらし
大人の能力開発
<
しちだグループサイト
しちだ・教育研究所公式サイト
PCサイト