スマートフォンサイトはこちらへ
  1. 幼児・小中学生向け教材トップページ
  2. 7+ (セブンプラス) イングリッシュ

1日20分、60日で生きた英語を身につける! 七田式英語教材の決定版

 60パターンの英文完全記憶で英語が話せるようになる!
  • ご購入はこちらから
  • 資料のご請求はこちらへ

セブンプラス・イングリッシュの特徴

1日20分、60日で日常会話をマスターします。

高速視・聴・読トレーニングにより、右脳記憶を養い、記憶力自体がアップします。

なぜ、日本人は英語をものにできないのか?

日本人は、多言語習得がとても苦手な国民です。
中学で3年、高校で3年、大学で4年間英語を勉強しても、実用的な英語が身につく人は、ほんのわずかです。

それは、「日本人が内気で、文法的な誤りを恐れるあまり、しゃべろうとしないからだ」といわれています。しかし、本当の理由は、そうではありません。

日本人は、アジアの中でも、英語の能力は最低クラスです。
これからますます国際化が進む世界において、英語習得は、必須になります。
1980年代、パソコンが使える人は、特別な技術を持っている人でした。
しかし、現代では誰もがパソコンを使い、「身についていて当たり前」の技術になりました。 近い将来、英語もパソコンと同じような知識になるといわれています。

話を戻すと、日本人が英語、多言語習得が苦手な理由は、実は、「耳」にあります。

まずは、言語とは、学問的に学ぶのではなく、聴覚のメカニズムで学ぶものということを理解しなければなりません。

あなたはこんな風に勉強をしていませんか?

では、一体、正しい英語勉強法とは、どんな方法でしょうか?

  • ご購入はこちらから
  • 資料のご請求はこちらへ

セブンプラス・イングリッシュの学習法

1、よく使う60パターンのフレーズを完全暗記。七田式 高速視・聴・読で、日常会話をマスター

 日常会話を最短でマスターするには、よく使うフレーズをそのまま覚えてしまうことです。
 
そこで今回、アメリカ人ネイティブスピーカーが話す言葉を研究した結果、「これだけ覚えておけば、日常会話がスラスラできる」というパターンが、60通りあることに気がつきました。

ネイティブスピーカーは、この60パターンを頻繁に使い、日常会話を行っているのです。

つまり、この60パターンの英会話を記憶してしまえば、日常会話は、簡単にできるようになるのです。

2.七田式メソッドで暗記した内容を完全記憶!!

とはいえ、普通に考えると、60パターンを完全に記憶することは、そう簡単なことではありません。
しかし、七田式のメソッド、「七田式高速視・聴・読」と「400%学習法」を使えば、60の英会話パターンを完全に記憶することができます。

400%学習

七田式高速視・聴・読トレーニングが、聴覚の「壁」を壊す

生まれたばかりの赤ちゃんは、16ヘルツ〜16,000ヘルツまでの音域の音が、すべて聞き取れる聴覚を持っています。
七田式が、0歳からの英語教育を推奨しているのは、赤ちゃんが、もっとも多言語習得に適した耳を持っているからです。
しかし、その後、日本語の環境のみで育つと、聴覚は、日本語用に調整されてしまいます。

では、大人になってからでは、英語の習得は不可能なのでしょうか?
答えは、もちろんNoです。
正しい学習法で行えば、大人でも、生きた英語を身につけることができます。

それに最適な学習法が、七田式高速視・聴・読トレーニングです。

七田式高速視・聴・読トレーニング

七田式高速視・聴・読トレーニングとは、七田式創始者、七田眞が開発したも のです。

今では、七田式英語学習法は、幼児〜シニアの方まで、多くの方に取り組んでいただいておりますが、実は、七田眞自身、学生当時は、英語がまったくできませんでした。
クラスでも最下位で、英語の時間に、先生からあてられると、顔を赤くしてもじもじ立っているだけでした。

しかし、高校2年の夏、七田眞は、「これではいけない」と一念発起し、 英語を勉強し直すことを決意します。
まずは、2,000単語を、一か月で覚えることを決意します。
しかし、普通の方法で勉強したのでは、到底無理です。そこで、七田は工夫しました。

それは、「速いスピードで繰り返し言う。覚えようとしない。それを、片耳を押さえながらこれらを行う」というものでした。

これが、図らずも、七田式高速視・聴・読トレーニングの始まりになりました。
これが功を奏し、七田眞は、いつの間にか、東大の入試問題も解けるレベルにまでなっていました。

その後も、七田眞は英語勉強法の研究に努め、現在の七田式高速視・聴・読トレーニングを完成させます。
そして、『7+(セブンプラス)イングリッシュ』は、その後改良を重ねた、七田式高速視・聴・読トレーニングを元に作られています。

  • ご購入はこちらから
  • 資料のご請求はこちらへ

セブンプラス・イングリッシュ取り組みの流れ

取り組みの流れ

60日間の流れ

監修者 七田厚から皆様へ

  • ご購入はこちらから
  • 資料のご請求はこちらへ

セブンプラス・イングリッシュお客様の声

頭で考える前に、英語が飛び出してくるんです!

私は海外旅行が大好きで、大学時代から色々な国に旅行しました。ただ、いつも英語が上手な友達と一緒だったので、いつかは一人で海外旅行に行きたい!と思っていました。
英語の勉強もしていたんですが、海外旅行から帰ってきてすぐはやる気があって勉強するのですが、しばらくするとどうしてもやる気が続かなくなってしまうんです。結局、いつまで経っても英語が喋れるようにはなりませんでした。
そんな時、友人の紹介で「7+English」を始めることにしてみました。

結論から言うと、何をやってもダメだった私が、英語を話せるようになったのです!
最初はあまり効果がわからなかったのですが、勉強を始めて1か月たったあたりから、明らかに英語を話すのが楽になってきました。
そして2か月経った今では、頭で考える前に英語が口から飛び出してくるようになったのです! 聞き流したりラジオ講座で勉強したり、いろんな英語教材を試してもダメだったので、本当に驚いています。
そして念願だった一人海外旅行もついに実現!旅行中もコミュニケーションに全然困らず、楽しむことができました。
本当にありがとうございました。

英会話だけではなく、記憶力自体がUPした!

昔から多趣味でいろんなことに手を出したくなる性分で、英会話もかれこれ20年以上続けています。
しかしながら、なかなか上達せず、継続して勉強を続けていないのもあって、この年で英会話を身につけるのは難しいのかと思っていました。
そんな時に偶然紹介されたのが、この七田先生の教材です。昔から七田式のファンでしたので、これは面白そうだと軽い気持ちで始めてみました。
ところがこれが本当に面白い。1日の学習時間が短いのも性分に合っているのでしょうが、毎日10フレーズだけだから、せめてそれは覚えてやろうと取り組んでいるうちに、だんだんとのめり込みました。

もうすぐ始めて40日になりますが、英語能力に関しては格段にアップしたことを報告します。しっかり毎日音読して取り組んでいるからでしょうか、英語を話すのが本当に楽になりました。
そして、咄嗟のひと言が出てくるようになったのが嬉しいですね。そしてこれは嬉しい副産物ですが、記憶力全体が上がったように感じますね。
数独とクロスワードパズルもやっていますが、1か月前とは解くスピードが格段に違います。脳の機能が全体的に向上したのでしょうか。これは本当に嬉しいですね。
更なる向上を目指して、今後も取り組んで行きたいと思います。

7+Englishのおかげで留学の不安が消えた

オアフ島の語学学校に留学して3か月程なのですが、どうしてもスピーキングが上達せずに悩んでいました。
ネイティブの言っていることは大体理解できるようになったのですが、自分の考えや思っていることを伝えるのがどうにも難しく、壁にぶつかっていました。
そんな時に「7+English」を紹介してもらい、正直半信半疑だったのですが、何もやらないよりはいいだろうと、軽い気持ちで始めました。
学習方法がとても変わっているので、飽きずに取り組めたのもあるのですが、始めて1週間も経たないうちに、少し、違いを感じたのです。何だか以前より言葉が口をつくというか。
3週間過ぎたあたりで、それは確信に変わりました。これは確実に変わってきたと。

教材の内容が一貫して短いフレーズに焦点を当てているせいか、意識しなくてもフレーズが口をついて出てくるようになってきたのです。恐らく、長い文章を覚えるような内容だと、こうはならないはずです。短い、1〜2秒のフレーズが多いので、CDを聞いてない時でも、ついついつぶやいてしまうのです。
効果が目に見えてからは、毎日CDを聞くのが本当に楽しく、あっという間の60日間でした。すべて終えた現在は、60日前とは比べ物にならないぐらいスピーキング力が上がりました。「普通に英語が話せる」っていう感覚でしょうか。感激しています。
「7+ English」には本当に感謝です。今でもCDは聞いていますが、どうか続編を出していただけるよう祈っています。

セブンプラス・イングリッシュ商品概要

ご購入はこちらから

365日メールサポート

パーフェクト編

パーフェクト編ご購入はこちらから

たった51個の【パーフェクト動詞】を覚えてしてしまえば、自由自在に英語を話せるようになる

日本人が英語を話せなくて言葉が詰まってしまう原因は、正確な文法や言い回しを気にしすぎること。
正しく文を組み立てようとするため、時間がかかってしまったり、結局、思い切って英語をしゃべることができなくなったりします。しかし実は、ネイティブの英会話を分析してみると、特定の決まった【動詞】を使って会話していることがわかりました。
いつも同じ動詞を使って、自分の言いたいことを表現しているのです。つまり、「ネイティブがいつもよく使う動詞」を身につけてしまえば、ほとんどの日常会話が英語で表現できるようになってしまうのです。

ネイティブが「いつも使う動詞」ってどのくらいあるの?

では実際、ネイティブがいつも使う動詞はどれぐらいあるのでしょうか。英語教育専門家のネイティブスピーカーに、日常生活で頻繁に使う重要動詞を洗い出してもらったところ、51個あることがわかりました。
この51個の超重要動詞を完全に記憶し、いつでも口から出せるようになってしまえば、自由自在に日常英会話ができるようになります。

英語が自由自在にポンポン話せる秘訣は「動詞」にあった

7+English【パーフェクト編】では、この超重要動詞51を、完全記憶することができます。この51個の超重要動詞を完全に身につけてしまえば、英語を自由自在に使いこなせるようになります。

セットのご購入はこちらから

インフォメーション
時間外のお問い合せは問い合わせフォームから
page top