七田式胎教とは? | 七田式教育公式サイト

七田式教育とは
七田式トップ 七田式教育とは? 七田式胎教とは?

七田式胎教とは?

お腹の中にいるときから
「能力開発」は始まっている

「七田式教育」は能力開発です。
ですから、スタートは生まれてからでなく、実は胎児のときなのです。

人間は、受精した1個の細胞のときから、波動で情報を感じることができ、胎児期の右脳の能力は生まれてからのものより、優れていることがわかっています。
この時期に胎教を行うことで、心の働きを自由に使いこなすようになり、心が育つと、吸収力・理解力・記憶力の良い子に育ち、結果として、学習能力の高い子供に育てることができます。

七田式の胎教はココが違う

妊娠とわかったら、すぐにアプローチ

一般的な胎教は、“聴覚が発達してくる妊娠5か月頃で、音楽を聞かせたり、お腹に向かって話しかけることから始めましょう”と言われるのに対し、七田式では、「妊娠とわかったら、すぐに始めましょう。」とお伝えしています。なぜなら、人間の知力は、もともと頭脳にあるのではなく、細胞が持つ遺伝子の働きによるものだからです。スタートは、たった1個の細胞(受精卵)からです。1個の細胞が2個に、2個が4個に…と細胞分裂が繰り返されて人間が出来上がっていきます。そして、その一つひとつが知性を持っているのです。だからこそ、早い時期からの胎教(コミュニケーション)をおすすめしています。

出産後の子供たちと変わらない働きかけを

そのような考えの下にすすめる七田式の胎教は、赤ちゃんにとって意味や効果がある内容やポイントを押さえての語りかけ、絵本を読み聞かせてあげること、赤ちゃんと心を一つにするためのイメージトレーニング、赤ちゃんのために考える食事・生活環境改善など、出産後の子供たちに働きかけるのと変わらない内容で刺激を与えてあげることをお伝えしています。

七田式の胎教で生まれた赤ちゃんは、こんなふうに育ちます!

心が満たされて生まれてくるので、いつも穏やかでニコニコしている。

夜泣きしない

社交的である (人見知りをしない)
母親から少し離れていても、安心感を持って待つことができる。

吸収力が良い。理解力があり、学ぶ能力が高い。

言葉の理解、発語が早い。

右脳がよく発達している。(もともと組み込まれている天才的な能力が楽に開ける)

どうして、そんなにいいことづくめになるのでしょうか。

1たくさんの愛情を伝えることを大切に考えているから

2愛情を伝えることで、天才的な能力を引き出すことができ、人間として大事な心も育てているから

3赤ちゃんの持つ素質や能力が引き出せる素晴らしい環境を与えることができているから

お腹の赤ちゃんは、わかっています!

ほんのちょっと、言動や想いを意識するだけで、お腹の中で育つ赤ちゃんの様子はグンと違ってきます。このことを妊娠中に知ることができたのは、とてもラッキーなこと♪私たち「七田式」は、妊娠中のお母様を、あらゆる面からがっちりサポートいたします!!

取り組みの教材

七田式 胎教通信コース

七田式 胎教通信コース

このコースでは、妊娠中の方に効果的な取り組みをアドバイスさせていただいております。
子育ては受精の瞬間から始まっています。最高の状態で赤ちゃんを迎える準備のお手伝いをさせていただきます。

七田式 胎教通信コースの詳細はこちらへ
page-top